積水ハウス住まいの参観日に出かけたらココをチェックしよう!

訪問ありがとうございます。ちーたこです。
積水ハウス住まいの参観日が3月12、13日に全国一斉開催されますね(^^)
住まいの参観日でココはチェックするべきというポイントは?


住まいの参観日は積水ハウスで新築を考えている方はもちろん、ハウスメーカーをどこにするか悩んでいる方など
誰でも参加できるので、注文住宅をお考えの方は是非参加をおススメします。
私もちょうど間取りに悩んでいるとき、住まいの参観日があり積水ハウスの実例が見たくて出掛けました。
住まいの参観日に出かける際、持っていく方が良いものとチェックするポイントを私の実体験をもとにご紹介します。


スポンサーリンク


【持ち物】
・筆記用具、ノート
実際の家を見学して気づいた点や、自分の家に生かせそうなところをメモしました。
住まいの参観日は写真撮影禁止です。
そのため気に入った間取りの工夫や収納、壁紙などをメモできるようにしておきましょう!
・間取り図
もう新築の間取り図の案ができている方は必ずもっていきましょう。
実際の家と自分の間取りを見比べ、広さなどを比較するのに必須です。
・メジャー
収納の広さや奥行き、ベランダの広さなど気になるところは測って、自分の間取りの参考にしましょう。
私は収納に悩んでいたので、クローゼットや作り付けの収納などたくさん測らせてもらいました(;^ω^)
この3点があれば、後は新築への夢を膨らます心をもっていけばOKです(o^∇^o)ノ
【チェックポイント】
・家具を置いた部屋(リビング)の広さ

住まいの参観日では実際の生活がイメージできるようLDKには家具が置いてあります。
家具を置いたとき、その広さをどう感じるか?
広さの感じ方は人それぞれなので、そこをしっかり目で肌で感じましょう!
例えば建売の一戸建ては16畳のLDKが一般的です。
家具のない状態だと広く感じるけど、実際にダイニングテーブルとリビングテーブルを置くと、いっぱいいっぱいで窮屈・・・なんてことがあります。
過ごす時間の一番多いLDKを居心地いい空間にするのに広さは重要です。
・壁紙
壁紙は好きな柄全部取り入れたい!家中ディズニーにしたい!!
(↑こんな方いるかな??)
壁紙は好きに選べるけど、実際空間すべてにその壁紙が使われたときの状態は想像しにくいですよね?
住まいの参観日では壁紙で変わる部屋の印象がしっかり感じられます。
私が参観した家は、収納とトイレがすべてディズニーでした!!
可愛いんですが、ほかの来場の方から「うわぁ・・・。すごいね・・・。(悪い意味で)」
とコソコソ話されてました。
家は自分の自己満足の塊でいいと私は思っています(^^)
でも実際の壁紙をみてトイレはシンプルにしようと強く思いました(^^;)
・床と建具の色

床や建具を選ぶ時も実際の広さでみることは完成までできません。
床と建具の色の組み合わせでいいなと思うものをチェックしておくと役立ちます。
・キッチンから背面収納の広さ
これは女性の方はぜひチェックして下さい。
対面キッチンを選ぶとき、キッチンと背面収納の間の長さを自由に選べます。
キッチンに立ち、後ろを誰かに通ってもらったり、実際に住んで起こるだろう動作をしてみましょう。
調理がしやすく、使いやすいキッチンのために、自分に合った広さを感じられます。
・収納の種類と奥行き、そして収納量
収納は後悔がおきやすいポイントです。
それぞれの部屋にどんな収納をどんな大きさで設置しているか?
家全体でどれくらい収納があるか?
家づくりの先輩から学べることが多いです。
私の時は、住まいの参観日では説明してくれる担当さんが付いてくれました。
その方に自分だったらこうする!もっと使いやすくなる収納設備の改善ポイントなど教えてもらいました。
担当の方とたくさん話して、いい家作りの参考にしましょう♪
私は気になった家は数時間滞在しました(^_^;)
(長居してスミマセン・・・一人でじっくり見てたら時間が・・・)
実際の積水ハウスの家をじっくり見れる機会なんてめったにないです。
住まいの参観日では、後悔のない家を作るために、
実際の家からいい点も悪い点も隅から隅まで見て学びましょう(*’▽’)



スポンサーリンク


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメント