ウォークインクローゼットで後悔しないためには?積水ハウスの実例

未分類

服やアクセサリーなど女子の持ち物は増える一方

そんな増えた衣類がたくさんしまえるウォークインクローゼットは女子の憧れですよね。

 

でもよ~~く計画を立てて導入しないと、住んでから後悔することが多いのもウォークインクローゼットなんです。

 

今日は後悔しないウォークインクローゼットの設計方法と引っ越し当日の我が家のウォークインクローゼットを紹介したいと思います。

勉強を重ねた私のウォークインクローゼット論に少しお付き合いください(笑)

スポンサーリンク

ウォークインクローゼットの後悔とは?

一番の後悔ポイントは “意外と使いずらい”

ウォークインクローゼットは広さ、形、枕棚・ポールの位置と高さで使いやすさが劇的に変わります。

 

スポンサーリンク

後悔のないウォークインクローゼットを作ろう!

限られた延べ床で広々ウォークインクローゼットを作れる家庭は少なく感じます。

また、限られた延べ床で収納が無意味に広く、過ごすスペースが狭くなってはもともこもない。

どうすれば後悔のない使いやすいウォークインクローゼットになるのか??

私が実際に行って大切だと感じた手順は以下のとおりです。

①ウォークインクローゼットに収納したいものは何か?どれくらいあるか?を整理する

管理人の例)

・奥行きのある収納が家に少ないから、来客用の布団1組がしまえる枕棚が欲しい

・枕棚にシーズンオフの寝具をおきたい(夫婦+子ども1人分)

・シーズンオフの服を入れた衣装ケース(3つ)

・洗濯した後畳むのが面倒だからできるだけポールにかけて収納したい=ハンガーにかけたままの衣類を大量にしまいたい!

②枕だなの高さ・奥行き、ポールの高さを自分の収納したいものに合わせて決める

①を叶えるために②に進みます。

1)家にある一番丈の長い服、吊るして収納したい服の丈を測る

*必ずハンガーにかけた状態で計測しましょう!

長いもの:コートやスーツ

しっかりと丈の長さを測ることで、低い位置にポールをつけてしまいコートやスーツが折れ曲がってしまうのを防ぎましょう。

吊るして収納したい服:女性用、男性用両方測ろう

ウォークインクローゼットには夫婦2人分の服をしまいますよね?

女性用と男性用では10~30cm服の長さが違います。より効率的にウォークインクローゼットを使うためそれぞれの長さをしっかり測りましょう!

 

ちなみに心配性の私は10回以上服の丈を測り直しました・・・(汗)

妖怪『服丈はかり』と化していました。

 

2)ポールの高さ、数を検討

1)で測った服がかけられるようにポールの高さと数を決めましょう

服はなるべくかけて収納が絶対楽!

おススメは片側に丈の長い服用に高い位置にポールを1本、もう片側によく着る服をかけるようにポールを2本設置する方法です。

 

3)枕棚にしまいたいものに必要な高さ、奥行きの検討

布団をしまう場合ある程度の高さ・奥行きが必要です。

高さは片側はシーズンオフの服をしまう衣装ケースがギリギリはいる高さにしました。

天井と枕棚の距離をなるべくせばめることでポールの位置が高くでき服をかけるスペースを広くできるからです。

 

もう片側は布団を収納袋に入れ立ててもしまえるように85cm天井との間をとりました。

シングル布団の長さが210cmほどなので天井との間が85cmあれば3つ折りにした布団をたててしまえる計算です。

スポンサーリンク

我が家の引っ越し当日のウォークインクローゼット

荷物がない引越し当日の状態がこちらです!

右側

枕だなの高さ140cm(天井まで85cm)、奥行き80cm
ポール1本

左側

枕だなの高さ180cm(天井まで45cm)、奥行き40cm

ポール下から90cmに1本(引越し当日付け忘れられていた・・・。後日つけてくれました)、枕だなの下に1本

壁紙はディズニーのシンデレラ

間取りは縦2m×横2m25cm

使いやすい収納空間にしたくて、狭いウォークインクローゼットですが、ポールと棚板の位置にかなりこだわりが詰まっています。

これから家を建てる方の参考になれば幸いです。

コメント