キッチンの冷蔵庫の配置はどこがベスト?メリットデメリット

訪問ありがとうございます。ちーたこです。
今日はキッチンで使いやすい冷蔵庫の配置について考えていきます。

新築でキッチンを考える際、冷蔵庫の配置で悩む人がとても多いようです。

冷蔵庫の配置は大きく3つに分けられます。
①キッチンの奥(コンロ側)
②キッチンの真ん中(食器棚の間)
③キッチンの手前(シンク側)

それぞれのメリットデメリットを考えていきましょう!
①キッチンの奥(コンロ側)

メリット

・調味料や粉ものなんでも冷蔵庫にしまう人は調理中動線がよい
デメリット

・調理中、冷蔵庫を開けに家族がくると邪魔
・両開きの冷蔵庫の場合、片方の扉が全開できないことが多い
②キッチンの真ん中(食器棚の間)

メリット

・両開きの大きな冷蔵庫を買っても扉を全開にできる
・調理中真後ろに冷蔵庫があるので食材・調味料、何をだすのも便利
デメリット

・作り付けの食器棚をつけた場合、冷蔵庫のサイズに制限or隙間が大きくできてしまう
・冷蔵庫は奥行きが食器棚より長いので、冷蔵庫だけが飛び出てしまう
③キッチンの手前(シンク側)

メリット

・調理中、冷蔵庫を開けに家族がきても気にならない
・食材の出し入れがシンクに近いと便利
デメリット

・対面キッチンの場合、リビングから丸見えになりやすい
・両開きの冷蔵庫の場合、片方の扉が全開できないことが多い
我が家はあまり深く考えず、③キッチンの手前(シンク側)にしました。

今はいいんですが、冷蔵庫を買い替えた場合、
扉は確実に全開できません。
ストレスになるかなぁ・・・と今から心配しています;笑
私は間取りが決まってしまった後、
冷蔵庫の位置が正しかったのか、気になりだして色々調べました。
位置で人気の高いのは、③キッチンの手前(シンク側)でした。
逆に①キッチンの奥(コンロ側)は調理中、誰かが後ろを通ることを嫌がる人が多く、不人気でしたよ。
絶対に使いたいサイズの冷蔵庫が決まっていて、
壁を一部変形できて
冷蔵庫と食器棚がツライチになるなら
②キッチンの真ん中(食器棚の間)
がきっと一番使いやすいですよね(^^;)
しかし、一番実現が難しい位置でもあります。
キッチンの永遠のテーマであり、間取り決定後変えることが難しい冷蔵庫の位置
皆さんはどこにしますか??

コメント