浴槽の段差は意味がある?段差ありとフラットおススメはどっち?

訪問ありがとうございます。ちーたこです。
皆さん、浴槽は段差あり派?フラット派?どちらですか??


浴槽の段差をつけるか、つけないかは誰しも新築するとき悩むようです。
私もすっごく悩みました。
しかし我が家の場合、積水ホームテクノの人造大理石浴槽に段差ありの浴槽しか無く、浴槽のグレードを決めたら自動的に段差のありなしが選択できなくなってしまいました(^_^;)
実際に半年使用してみた感想をご紹介します
私の感想は

“1歳児と2人” “1人” で入るなら段差ありがおススメ!
“家族全員” だとすっごく不便!

まずは、段差ありのメリット・デメリットから考えていきましょう(^^)/
【メリット】
1:子どもが座りやすい
2:節水になる
3:半身浴に使える
【デメリット】
1:足がのばせない
2:子どもが大きくなると一緒に入るとき狭い
3:肩まで浸かりたい時水がたくさんいる(水道代が高くなる)
よくネットなどでもだいたいこのメリット・デメリットがあげられています。
実際に段差ありタイプを使ってみて、これらのメリット・デメリットの真実を○△×で報告します!
【メリット】
1:子どもが座りやすい
×
確かにそう。1歳半の息子は座るときは段差部分が定位置です。
しかし!!子どもはお風呂であまり座りません!!!(うちの息子だけ?笑)
基本立位。
お湯をジョウロですくって遊んだり、おもちゃをもって浴槽の中をウロウロ・・・。
それに2、3年したら確実に段差は必要ない。
子どものために段差を検討しているなら止めましょう!
2:節水になる

これは本当。肩まで浸かりたい時、節水になります。
主人の職場の人や私の母はフラットの浴槽です。
お湯をたくさん入れると、蛇口から水がでるのと一緒にお金がチャリンチャリン落ちている音がする。
もったいなくて夏はあまり浸からないと話しています(;^ω^)
3:半身浴に使える

別にフラットの浴槽にお湯を少なく入れて半身浴すればいい。
ただ、家族が多くて半身浴派と全身浴派がいるならおススメです。
【デメリット】
1:足がのばせない
×
足をのばすのに不自由はないです。
身長153cmの私はもちろん。170cmの主人も別に気にならないと話しています。
私はむしろフラットより段差がある方が安定して足がのばしやすいです。
段差部分に足をかけるといい感じです♪
2:子どもが大きくなると一緒に入るとき狭い

これは本当。たまに家族3人で入ると、かな~り窮屈です。
子どもがたくさんいて、大人数で入ることが多い場合段差はやめた方がいいです。
3:肩まで浸かりたい時水がたくさんいる(水道代が高くなる)

これはメリットで書いたことと同じですね。
お風呂に対する価値観や、求めることは人によって違うので一概には言えませんが、私が感じたことをまとめてみました。
私の場合これから長い年月このお風呂に入ることを考えると、一人で入ることが一番多いので段差ありの今のお風呂でよかったかなぁと感じています(^^)
お風呂の段差で迷われている方の参考になればうれしいです。


スポンサーリンク

コメント

  1. たぬっきー より:

    旦那さんと奥さんの身長、家族構成まで同じでしたww
    共通点が多くてつい書き込みたくなってしまいました。。。

  2. 管理人 より:

    >たぬっきーさん
    本当ですか!?ここまでくると、もはや同じ顔しているのでは?笑